入門インデックス投資

投資信託にかかる3つのコスト―入門インデックス投資―

更新日:

こんにちは。

絶賛インデックス投資の勉強中です。今日は投資信託にかかるコストについてまとめておきます。

購入するとき(販売手数料)

販売手数料は、投資信託を購入するときに販売会社に支払うコストです。販売手数料は販売会社が自由に決定できます。最近は「ノーロード」といわれる販売手数料がゼロの投資信託もたくさんあります。特別な理由がない限りノーロード投資信託を購入するほうが無難ですよね。

保有している間(信託報酬・監査報酬等)

信託報酬は、投資信託の運用中かかるコストです。信託財産を運用してもらった対価として支払う報酬です。毎日、基準価格を計算する際に信託報酬分が差し引かれています。信託報酬は事前に決められており、目論見書をみればわかります。

監査報酬も投資信託の運用中かかるコストです。運用会社が法律に従って事業を行っていることをチェックして証明してもらうための費用です。これも目論見書を確認すればわかります。

また、投資信託の保有中はこれら以外にも運用中にかかったコスト(いわゆる隠れコスト)を負担しなければなりません。これは運用後はじめてわかるため目論見書には記載されておらず、運用報告書に記載されています。

解約するとき(信託財産留保額)

信託財産留保額は、投資信託を解約する時にかかるコストです。投資家が投資信託を解約すると、運用会社は運用資産の一部を現金に換えて払戻さなければなりません。信託財産留保額はこの現金を用意するための手数料みたいなものです。

ひとこと

「ちりも積もれば山となる」ということわざがあります。たかが数パーセントのことでも長期投資においては、そのパフォーマンスは大きく変わってくると思います。特に保有中の隠れコストには気を付けて投資信託を選びたいですね。

AD

AD

-入門インデックス投資

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.