税金

橘玲氏の『タックスヘイブン』が気になる!

更新日:

こんにちは。

ホンネの資産運用セミナーさんの「橘玲「タックスヘイブン」~シンガポールを舞台に繰り広げられる国際金融ミステリー | ホンネの資産運用セミナー」で『タックスヘイブン』という本が取りあげられていました。法人税法ではタックスヘイブン税制も学習しますので、ついタイトルに惹かれてしまいました(笑)。

橘玲『タックスヘイブン』

著者は『マネーロンダリング』などのヒット作を生み出した経済作家の橘玲氏です。

内容紹介

内容紹介は次のとおり。

シンガポールでもっとも成功した日本人金融コンサルタント北川がホテルから墜落死した。死んだ北川の妻・紫帆は現地に、高校の同級生・牧島とシンガポールへ赴く。紫帆はそこで北川の現地妻と息子の存在を知る。北川は1000億円を扱うファンドマネージャーだったが、政治家や会社社長など、数々の顧客のプライベートバンクの口座に10億円、50億円規模で穴を開けていた。背後に見え隠れする、日本の首領が仕組んだブラジルへの原子力発電施設輸出計画とそれを見込んだファンドとその失敗。紫帆と大物政治家の過去。大物フィクサーの影と蠢く謎の仕手グループ。そして起こった大物政治家秘書の暗殺。北川の死は自殺か、それとも殺人か? 口座から消えた巨額の資金は、どこへ送られたのか!?

舞台はシンガポール

私のなかでシンガポールと言えば税制優遇で外国企業の進出に積極的な国というイメージです。シンガポールに地域統括会社を置くと税制優遇が受けられるということを聞いたことがあります。

タックスヘイブン税制との関係は!?

内容紹介の文言からはこの小説がタックスヘイブン税制とどう関係あるのか分かりません。私としてはタックスヘイブン税制に関係していることを期待しています。

ひとこと

これは読んでみたい一冊ですね。フィクションでもいいのでタックスヘイブン税制が実際に適用されるような場合を事細かに書かれたものを臨場感あふれる文体で読んでみたいですね。

AD

AD

-税金
-,

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.