資産運用

投資信託の隠れコストを含む実質コストの計算方法

更新日:

こんにちは。

インデックスファンドを購入するにあたって、投資信託の隠れコストを含む実質コストは気になるところであります。ファンドの運用報告書が発表されると投信ブロガーの方々が親切にも計算してブログにアップされています。

実質コストの計算方法をマスターしよう!

実質コストを知るにはブログを拝見させていただくのもいいですが、やはり自分で計算できたらなお良いですよね。

実質コストってなんだったかな?

「ところで、実質コストって何だったっけ?」という方もいるかなと思います。実質コストとは、信託報酬に監査報酬などの経費すべてを含めた運用中にかかるコストのことです。

実質コストの計算式は?

実質コストを算出するための計算式はいたってシンプルです。

実質コスト=信託報酬率÷信託報酬×費用合計額

これだけなのです。

実際に計算してみる!

ファンドのホームページにアクセスすると運用報告書が閲覧できます。まず「1万口あたりの費用明細」という項目を見ます。下の表は「外国株式インデックスe」の運用報告書の一部です。

asasa

 

赤の四角で囲んだ部分が信託報酬と費用合計です。これを計算式に当てはめると…

0.525%÷75×81=0.567%

となりこれが実質コストというわけですね!

ひとこと

「投資は自己責任」であることは当然です。なので私はできるだけ購入する金融商品のことを理解したいと考えています。少々面倒ですがはじめに理解して後はほったらかしにする。このようなスタンスでやっていきます。

AD

AD

-資産運用

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.