税金

損しないために所得税の仕組みを知っておく。

更新日:

こんにちは。 租税の性質には諸説あるとされています。投資家からみた税金は一種のコストという性格を持っていると考えられます。コストとしての税の仕組みを理解することは、投資のパフォーマンスを上げることにつながると考えます。

所得税はどのように計算されるのか?

私たち個人投資家に課される租税は「所得税」です。無駄な税金を支払わないために、まずは所得税の仕組みを理解しておきたいですよね。

1 各種所得の金額の計算

所得税はまず、性質によって所得を10種類に分けます。利子をもらったら利子所得、給料をもらったら給与所得、配当をもらったら配当所得というような感じです。これが所得税計算の第1ステップです。

2 課税標準の計算

所得税計算第2のステップは課税標準の計算です。課税標準とは、税率をかける前の課税対象のことをいいます。具体的には10種類に分けた所得を一部の例外を除きすべて合算します。給与所得はプラスだったけど事業所得はマイナスだった場合には損益通算できたりもします。

3 課税所得金額の計算

課税標準の計算が終わったから税率をかける…のではありません。まだすることがあります。次は課税所得金額を計算します。具体的には所得控除を行います。基礎控除や配偶者控除や医療費控除などのことです。これによって、それぞれに応じた税負担を実現できるのです。

4 税額の計算

ここで税率をかけてから税額控除を行って、やっとのことで所得税額が計算されます。税率は、超過累進税率とよばれるたくさん稼いだ人には多く税金を払ってもらう仕組みになっています。税額控除の具体例は住宅ローン控除がありますよね。

ひとこと

私たちと密接な関係にある所得税ですが、けっこう仕組みがややこしいです。これは勉強するとかなり時間がかかるだろうなと感じています。自分に関係があるところぐらいは抑えていきたいと思います。

AD

AD

-税金

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.