個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の金融機関選びのポイント【取扱商品編】

投稿日:

確定拠出年金の運用開始年度の年間拠出額が10万円以上ならこちらの証券会社をお勧めします。
口座管理手数料の安さと知名度で選ぶなら「楽天証券」

手数料は口座残高10万円以上で口座管理手数料が無料となります。
※現在口座開設キャンペーン実施中
商品バランスは元金確保商品は1つのみですが投資信託商品は豊富です。
商品ラインナップは国内株式・国内債券・海外株式・海外債券・国内REIT・海外RIET・コモディティ・バランス型商品など
その他の魅力としてはポイントサービスなどが充実していて暮らしと身近にある証券会社のイメージがあります。
口座管理手数料などの無料キャンペーンをみても勢いを感じます。

確定拠出年金の運用開始年度の年間拠出額が20万円以上ならこちらの証券会社をお勧めします。
運用実績10年の安定と商品バランスで選ぶなら「SBI証券」

手数料:口座残高50万円以上で口座管理手数料が無料
※現在口座開設キャンペーン実施中
商品バランスは元金確保商品が3つと投資信託商品が豊富です。
商品ラインナップは国内株式・海外株式・海外株式(新興国)・国内債券・海外債券・海外債券(新興国)・国内不動産投信・海外不動産投信・コモディティ・バランス型・ターゲットレイター
その他の魅力としてはロボアドによる簡易的な商品バランスを提示してくれます。
(※あくまでも目安となります。)

大切なことはご自身の将来の資産目標と運用バランスとコスト削減
確定拠出年金は長期的にご自身によって資産運用を実施していかなければなりません。
受取金額の目標を大まかに決めて収益を出すために商品バランスをご自身によって構成していく必要があります。
堅実に元金確保していく方やハイリスクハイリターンで運用される方と様々ですがあくまでも個人運用の成果になりますので
じっくり検討して運用を開始して頂きたいと思います。
1年に1度くらいは目標と成果の実績をご覧になってみることも必要だと思います。

AD

AD

-個人型確定拠出年金(iDeCo)

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.