個人型確定拠出年金(iDeCo)

個人型確定拠出年金(iDeCo)の節税メリット

投稿日:

2017年1月から加入対象範囲が拡大される「個人型確定拠出年金制度」ですが、個人による長期的な資産形成を促進するために長期的税制優遇が受けれる事が魅力の1つでもあります。

その中でも今回は拠出時の税制優遇である「所得控除」について確認してみたいと思います。

「所得控除」における節税メリットは確定拠出年金にて1年間に拠出した金額を確定申告や年末調整の申告時の所得金額から全額控除する事により「所得税」と「住民税」の節税効果を期待する事ができます。

ご自身の加入対象と拠出可能金額の確認

「個人型確定拠出年金」は加入対象により毎月拠出できる金額(掛け金)を5,000円以上、1,000円単位で選ぶ事ができます。

第1号被保険者(自営業者)の方は5,000円~68,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先に企業年金がない方は5,000円~23,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先に企業型確定拠出年金がある場合の方は5,000円~20,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先にその他の企業年金がある場合の方は5,000円~12,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)で公務員の方は5,000円~12,000円

第3号被保険者(専業主婦・専業主夫)の方は5,000円~23,000円

年間の拠出金額の目安

第1号被保険者(自営業者)の方の年間拠出金額は60,000円~816,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先に企業年金がない方の年間拠出は60,000円~276,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先に企業型確定拠出年金がある場合の方の年間拠出は60,000円~240,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)でお勤め先にその他の企業年金がある場合の方は60,000円~240,000円

第2号被保険者(厚生年金加入者)で公務員の方は60,000円~144,000円

第3号被保険者(専業主婦・専業主夫)の方は60,000円~276,000円

所得控除の種類

社会保険料控除・保険料控除・寄付金控除・扶養控除・配偶者控除・医療費控除・雑損控除・基礎控除・住宅控除など

確定拠出年金における所得控除と節税効果

所得から控除できる項目は限られており、また控除できる金額も上限金額などが定められています。

所得控除の中でも個人の節税対策としてコントロールできる控除は保険料控除・寄付控除と思いますが、それらの控除金額を参考にしても確定拠出年金の拠出金額は全額控除対象である事から節税効果を期待する事ができます。

免責事項

所得控除や住民税算出・社会保険料算出につきましてはご自身の所得や家族構成などにより課税金額の算出方法が異なります。

場合によっては期待される節税効果を期待できない場合もございます。

AD

AD

-個人型確定拠出年金(iDeCo)

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.