個人型確定拠出年金(iDeCo)

2018年からの個人型確定拠出年金(iDeCo)は掛金を年単位で管理できるようになる

更新日:

2018年からの個人型確定拠出年金(iDeCo)の改正について

2017年1月から、個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入対象者の範囲の拡大されましたが、
来年の2018年からは、現在月を単位として定められている拠出上限額を、年を単位として定められものに変更することが予定されています。

例えば、専業主婦等のiDeCoの拠出上限額は月額23,000円と定められており、これを年額に直すと、276,000円となります。

現行制度では、専業主婦等がiDeCoに加入すると、毎月必ず23,000円ずつ、国民年金基金連合会に掛金として支払う必要があります。

しかし、2018年からは、拠出額に変更がないとすると、1年間で総額276,000円の範囲内であれば、年単位の拠出や、半年単位の拠出、特に収入の多い時期のボーナス的な増額拠出などが認められることになります。

従って、2018年からは、毎月定額の掛金の拠出が義務付けられていたので自由度が少なかったiDeCoが、掛金の拠出の自由度の高いより利用しやすい制度に変わります。

2018年からの個人型確定拠出年金(iDeCo)の改正のメリット

今までは、iDeCoの掛金を引き落としている銀行口座の残高不足で、特定の月に支払期日に掛金の引き落しができなかった場合、翌月に2か月分をまとめて口座振替で支払うことはできませんでした。

例えば、月額23,000円を拠出している場合、1年間の掛金の拠出金額は276,000円となりますが、残高不足で口座引き落としができなかった月が1ヵ月あると、その年の拠出額は253,000円となります。

しかし、改正によって年単位の拠出限度額が設定されるようになると、口座引落ができなかった月分を後から支払うことが可能となり、口座残高不足により年間の拠出金額が下がってしまうという事態も回避できるようになります。

また、月額の掛金を10,000円としている場合、年の途中で余裕が出てきたので、拠出額を増額したいと思っても、従来の制度では、年の途中で拠出額を増額することは不可能でした。

しかし、改正後は、月当たりの拠出上限額が23,000円の場合の年間拠出限度額は276,000円ですから、年間でその金額を超えない範囲内であれば、ある月の掛金を10,000円超(例えば15,000円)とすることも可能となります。

もちろん、通常月の掛金は低めに設定して、ボーナス支給月のみた高い掛金を拠出するというような掛金拠出プランも可能となります。

いずれにしても、2018年の改正は、iDeCoをより利用しやすくするものなので、iDeCo利用者にとっては歓迎すべきものとなります。

AD

AD

-個人型確定拠出年金(iDeCo)

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.