入門インデックス投資

普通分配金と特別分配金(元本払戻金)の違いって?

投稿日:

funds photo

投資信託には分配金というものがあります。

投資信託の分配金には2種類「普通分配金」と「特別分配金(元本払戻金)」とがあります。

この2つの分配金は全く違うものなので理解しておかなければなりません。

普通分配金とは

まず、普通分配金とは、投資信託に組み入れられている株式の値上り益や配当金などの投資信託の運用によって得た利益の一部を投資者に分配しているものです。

普通分配金は課税される

普通分配金は、投資信託の運用で得た利益から分配しているものなので、分配時に課税されます。

分配時に課税されるということは、分配金をもういちど投資するときには税金分がマイナスされた金額しか再投資できないということになります。

特別分配金(元本払戻金)とは

一方、特別分配金(元本払戻金)とは、投資信託に投資した元本の一部が、分配金のように支払われるものです。

なので、分配金が出たから儲かったと思っていたら、実は特別分配金で自分の投資したお金がそのまま返されただけということもあります。

特別分配金は課税されないが…

特別分配金は元本の払い戻しです。投資したお金がそのまま自分に戻ってきたに過ぎません。なので課税はされません。

しかし、特別分配金はせっかく資産を増やしてもらおうと思って投資したお金がそのまま手元に返ってきただけです。

普通分配金も特別分配金まとめ

上記のことを表にまとめると次のようになります。

普通分配金 特別分配金
課税の有無 課税 課税されない
性質 利益の分配 元本の払戻し

分配金は無い方がいい

ここまで読んでいただいた方ならわかると思いますが、普通分配金と特別分配金、いずれの分配金も出ないほうが良いです。

投資信託を選ぶ際には、過去の分配金の実績を確認してみると良いかもしれません。

AD

AD

-入門インデックス投資

Copyright© フリーランスのキャッシュフロー戦略 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.